『会社URL:https://www.moixa.co.jp/

Convenient Service!!


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

災害時と電気代コストの負担軽減を目的に、自宅に太陽光発電を導入する家庭が増えています。ただ実際に導入しようと決めたときに、やはり気になるのがコストです。現在は省エネ対策の推進から導入したときに助成金や補助金が出るようにはなっていますが、それでも初期コストが大きいことに変わりないといえます。どうすれば負担が少しでも少なくなるのか、少し手間がかかりますが検討しておいてほしいのが施主支給です。施主支給とは住宅に設置する設備の一部を、所有者自身が用意をして取り付けてもらうことです。この施主支給を行うことによって、設置までにかかる中間マージンを省くことができるので見積もりの際にコストを抑えることができます。そんな施主支給にはメリットが大きいですが、実際に行う上で注意してほしいのが見積もり票の値段を必ず調べることです。相手側が決めているコストは変動しないですが、この施主支給は自身が設備を購入して設置してもらうということになるのでコストが変わってしまいます。そのため本来であれば安いコストで導入できるはずが、相手側の言い分で作業をしてもらうと本来のコストよりも高く設定されてしまう場合があるわけです。このような事態を防ぐためには施工会社を一つにまとめずに、最低でも5社以上の会社にアポイントメントをとって見積もりを出してもらいその中から適正値段を提示してもらうところを選ぶ必要があります。しかしこのやり方だと作業までに時間がかかるだけでなく、施主支給をした時の適正コストを把握していないとどれだけの価格でやってもらえるのかわからなくなるのです。そこで施主支給にかかる問題を解消するやり方として、第3セクターとしてAI診断をしてくれるサービス企業が誕生しています。AI診断をしてくれるサービス企業の内容は、施主支給での設備費を含めて適正価格を算出します。その後数多くの施工会社の情報をAIがまとめた情報をもとに、適切に作業をしてくれる企業をピックアップしてくれるので時間が短縮できるのがメリットです。
Tagged on: ,見積り見直し本舗