『会社URL:https://www.i-ara.jp/

Convenient Service!!

看板などの屋外用インクジェット出力を1平方メートル2,000円の激安から!大判印刷も行います。メディアは全て国産です。最新のインクジェット出力機で高画質、出力サンプル無料です。運営が看板屋ですので何でもご相談ください。【業販専門・全国対応】


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

神奈川県の地区で、優秀な印刷業者にインクジェット出力をお願いしたいのであれば、インクジェット出力事業部に注目してみると良いでしょう。看板ホットラインと呼ばれているインクジェット出力事業部は、普段からインクジェット出力のみを行っているので、特別な作業として認識している他の印刷業者に比べても、非常にリーズナブルな値段で承ってくれます。これからインクジェット出力事業部に連絡をとってお願いするつもりでいるなら、一旦見積もり金額を出してもらうのが最優先です。インクジェット出力の見積もりに関しては電話やメールで承っているので、時間内に実践させてもらいましょう。電話の場合は9時から18時までとなっていますが、メールの受付に関しては24時間承っているので、こちらの好きなタイミングで問い合わせをすることができます。インクジェット出力事業部の基本的な値段としては、塩ビシートの1平方メートルあたり2000円からとなっており、これを見ても明らかにリーズナブルです。電飾用の塩ビシートなどでも、UVラミネート加工を施した状態で、1平方メートル当たり3400円となっているので、やはり全体的に見てリーズナブルなのがわかるでしょう。明らかに業界最安値となっており、予算内で済ませやすいと言えるはずです。インクジェット出力事業部がなぜここまで安くできるかと言うのは、やはりインクジェット出力そのものが、この会社にとってそこまで珍しい技術ではないと言う事実があります。他の印刷業者は特別な技術と捉えて、高額な金額に設定してくることがありますが、インクジェット出力事業部はそもそもこれがメインの技術になってくるので、そういった意味でも安価な値段にできていると言えるでしょう。5日営業日以内といった余裕を持った納期になっているネックもありますが、だからこそ安い値段にできるとも捉えられます。急いでいる人は、その旨を伝えれば対応してもらえることもあるので、まずは申し出てみるのがお勧めです。
Tagged on: ,業販専門