『会社URL:https://www.jsprobot.com/

Convenient Service!!

配膳ロボット導入によりホールスタッフの往復、移動を減らし、限られた人員の 有効活用を実現。株式会社日本システムプロジェクトはKeenonRoboticsが認めた 唯一の日本総代理店です。飲食業界以外にもオフィス、ホテル、病院など様々な 面で運用が可能。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

上海にあるメーカーが製造している配膳ロボットのPEANUTは、株式会社日本システムプロジェクトが代理店として取り扱っています。飲食店では、単純に人手が足りなかったり、何らかの事情でフロアにいる人を減らさなければならない場合があります。そんな時のサポートとしての役割が想定されているのがこの配膳ロボットです。本体は車輪が付いた1メートルほどの縦長のシルエットで、備え付けてあるパレットに色々なものを乗せることができます。乗せるものは特に限定はされておらず、1段で最大10kgまで対応できるので、大抵の料理には対応できるでしょう。もちろん料理を配るだけでなく、空いた食器の回収も可能です。PEANUTの各部には様々なセンサーが搭載されていて、人や障害物を避けるように作られています。そしてパレット部分にもセンサーがあり、何かを運んでいるかどうかを確認することもできます。その機能を活かして、配膳する料理が受け取られたら、次のテーブルへ自動で移動するといったことが可能です。操作は背面にあるタッチパネルで行い、複数のテーブルをまとめて指定することができます。効率良く指示を出せば、場合によっては配膳の全てをロボットに任せて、人は他の業務に集中することも不可能ではないでしょう。またAIによって最適なルートを考え出す機能も備わっているため、複数台を同じ場所で使用することもできます。したがって必要となる場所の規模に合わせて、柔軟な対応が可能です。PAENUTは、指示されたテーブルに到着すると、音声によって案内をする機能があります。それに加えて進行方向の上部にはディスプレイが付いていて、そこに四角い目のような光が表示されます。そしてその光は瞬きのように動いたり、ハートマークに変更できるなど、色々な表情付けが可能です。そのため利用している人からは、ただの機械ではないというイメージを持ってもらえるかもしれません。
Tagged on: ,株式会社日本システムプロジェクト